FC2ブログ

今日はPhotoshopの描画モードの実験

今日はちょっと実験をば。授業でも生徒からレイヤーモードについて質問されます。とても簡単で便利な機能なのですが、これを使う生徒は皆無です。レイヤーの不透明度は頻繁に使っていますが。しかし、これを理解するとイメージの雰囲気を柔らかくすることや、冷たくすることなどができるようになります。それを簡単にためしてみましたのでご覧ください。

これは元画像です。

kazu363.jpg


そしてこれが合成するイメージです、。元画像をぼかしただけのものです。

kazu364.jpg


これはレイヤーモードを『比較(暗)』の場合

これはとても簡単。RGB 値のローパスフィルタと言っても好いかもしれません。上のレイヤーの RGB 値でカットオフします。

kazu365.jpg


これはレイヤーモードを『乗算』の場合

描画モードの乗算は、その名の通り、基本色に対して合成色の色を掛け合わせるモードです。結果色は、基本色の色が濃くなります。イメージ的にな油性マーカーで書いた上にまた書くと重なった部分が暗く、濃くなりますよね。あのイメージです。


kazu366.jpg


これはレイヤーモードを『スクリーン』の場合

スクリーンは、基本色に対して合成色の色を加法混色で掛け合わせるモードです。結果色は、基本色の色が明るくなります。ちょっと滲んだような一昔前のアイドル写真のような感じ。紗が掛かったというイメージでしょうか。

kazu367.jpg


これはレイヤーモードを『オーバーレイ』の場合

明度の高い部分と低い部分の鮮やかさが上がります。彩かさが上がるため、画像全体にかけると一見キレイになったかのような錯覚に陥りやすいので、注意しましょう。錯覚です。(笑)これも滲みっぽいイメージになります。ファンタジー映画などでよくありますね。一見幻想的に見せるときに便利。

kazu368.jpg


これはレイヤーモードを『ソフトライト』の場合

これはマニュアルを見てもイマイチ掴みきれません。まー、難しいことは考えずにオーバーレイのソフト版ぐらいに捉えてみては!

kazu369.jpg


これはレイヤーモードを『ハードライト』の場合

一見オーバーレイと同じように見えますが、重ねられるレイヤーではなく、重ねるレイヤー(上のレイヤー)の中間値で乗算とスクリーンを使い分けています。逆に言えば、重ねるレイヤーと重ねられるレイヤーを入れ替えると、オーバーレイと全く同じ結果が得られます。

kazu370_20101116103726.jpg


これはレイヤーモードを『ビビットライト』の場合

kazu371.jpg


そんでもって遊んだ結果。

kazu372.jpg





こちらで大きなイメージをご覧いただけます。
http://ysfactory2010.blog70.fc2.com/










beutykan_bunner.jpg


よろしければクリックしていただけるとうれしいです

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

2010.11.16 | Comments(0) | Trackback(0) | デザイン

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

おしゃれな写真屋さん

Author:おしゃれな写真屋さん
写真屋にようこそ。アートディレクターなどという胡散臭い仕事をしている管理人が勝手きままに写真やアートのこと書いていきます。よろしくです。

楽しい雑貨たち

クリエイターにおすすめ!

クリエイターにおすすめモニター!

MyStyleワイド EIZO 液晶 モニター カスタマイズ

クリエイターにおすすめソフト

おすすめ一眼!

TOPICS

最新トラックバック

写真ブログランキング!

FC2ブックマーク

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ Part 2

おすすめ Part 3

Sony Music Shop

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


SEO対策:デジタル SEO対策:カメラ SEO対策:人物 SEO対策:風景 SEO対策:デザイン