FC2ブログ

画像解像度って何? Part III

1178408711.jpg
じゃー、予告通りに今日は印刷をターゲットとした解像度の制御について書きますね。この印刷ってのが一番厄介です。いろんなことが絡んでいまして・・・・・。まず印刷ってどういう仕組みかご存知ですか?印刷物ってのはアミ点ってもんが集まって出来ているんすよ。そのアミ点の密度!これが決まらないと実際に画像を制作および出力する時の解像度が割り出せません。っで、このアミ点の密度のことをスクリーン線数っていうんですね。単位的にはラインズ・パー・インチ(lpi)といいます。デザイナーはこのスクリーン線数のことを○○線という言い方をしていますね。あ、○○には数字が入ります。150線とか175線とかですね。たとえば175線というと1インチの中に175個のアミ点が印刷されるっちゅうことですね。この数字が大きくなればなるほど高解像度ということになります。でもむやみに数字が高ければいいわけではありませんよ。たとえばざらついた紙に細かいアミ点で印刷したりしたら暗い部分が潰れたりしちゃいます。適正でなければならないということです。じゃー、一体いくつが適当なんだよと思われるでしょう。じゃーちょっと以下に記しますね。まー、あたりだと思ってください。

rez4.jpg

って感じですかね。自分的には175線のケースが多いです。はい。このスクリーン線数が決まって初めてスキャンニング時の解像度(入力解像度)が決定されます。いよいよですね!私たちは通常、線数の2倍の解像度でコントロールしています。もし150線で印刷する場合は300ppi。175線で印刷する場合は350ppiとなりますね。こうなると重いですよー!メモリたくさん積んじゃってください!そうしないとなにをするにも時計が回り続けることになります。通常はこのように線数の2倍で問題ないと思われますが、原稿って必ずしも最終的なサイズの原稿がもらえるとは限らないですよね。小さな原稿やポジフィルムから最終的なサイズを計算してスキャンしないとならない場合が圧倒的に多いのですよ。だからこうしちゃいましょう!スキャンニングするときは

スクリーン線数×2×倍率! これで大丈夫でしょう!

じゃー、ちょっと計算してみますよ。たとえば150線で印刷する場合で、最終的に元の原稿(ポジなど)の10倍の大きさで印刷しなければならないとしましょう。
150×2×10=3000ppiということになりますね。まー、スキャナーによっては150×2=300ppiでズームで1000%という場合もありますね。結局おなじですが。っとまー、これほどの解像度が必要なんっすねー。大変です。どうでしょう。解りました?
 では次回はWebや映像の場合の解像度について書いちゃいますね。それでは!

あ、そうそう!私が運営している制作集団である「Project BB」とプライベートサイト「White Out」でも私の制作したビジュアルや様々なクリエイターの作品が見れます。一度是非ご覧下さい。そしてブックマークしてくださいね。


デジタルカメラ・PC関連商品など日々プライスが変わっています!
楽天最安値を一発検索!価格ナビで今すぐチェック!

にほんブログ村 アート写真

スポンサーサイト



テーマ:パソコン豆知識 - ジャンル:コンピュータ

2008.10.06 | Comments(0) | Trackback(0) | デザイン

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

おしゃれな写真屋さん

Author:おしゃれな写真屋さん
写真屋にようこそ。アートディレクターなどという胡散臭い仕事をしている管理人が勝手きままに写真やアートのこと書いていきます。よろしくです。

楽しい雑貨たち

クリエイターにおすすめ!

クリエイターにおすすめモニター!

MyStyleワイド EIZO 液晶 モニター カスタマイズ

クリエイターにおすすめソフト

おすすめ一眼!

TOPICS

最新トラックバック

写真ブログランキング!

FC2ブックマーク

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ Part 2

おすすめ Part 3

Sony Music Shop

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


SEO対策:デジタル SEO対策:カメラ SEO対策:人物 SEO対策:風景 SEO対策:デザイン