スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

7Dやばい。いい。

みなさん、キャノンの7Dお使いになったことありますか。これはやばいです。自分はニコン派なのでふんと思っていました。見向きもしなかったということですね。で、知り合いが7Dを買って、すごいすごいと言うんですよ。うるさいくらいに。そいつはもともと映像屋さんなので全く信じていませんでした。

そしてそいつと会って、7Dで撮影させてもらいました・・・・・・。そうしたら、あーーーた!7Dの映像の美しいったらありません。マジにやばいクオリティです。な。なんで一眼レフのカメラでこんなにきれいな映像が撮れちゃうの?

ボケ足の美しさも絶品でした。ニコン派の自分もあ、これほしい・・・・・と。あー、マジにほしい。


canon.jpg

キャノンのサイトはこちら:http://cweb.canon.jp/camera/eosd/7d/index.html


値段も大分こなれてきているんですね。まじにほしいかも!

◎ ★☆その他のお買得セットも必見! ページ内おすすめバナーをチェック!★☆   Canon EO...





あ、あとちょくちょくやっている『ビフォー・アフター』のシリーズをカテゴリーに分けました。興味のある方はご覧下さい。宜しくです!





beutykan_bunner.jpg


よろしければクリックしていただけるとうれしいです

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

テーマ:アートな写真 - ジャンル:写真

2010.04.04 | Comments(0) | Trackback(0) | カメラ

あなたはニコン派?キャノン派?

nikon.jpg

あなたはニコン派ですか?それともキャノン派ですか?もちろん他のメーカーのカメラもすばらしいカメラは多いのですが、自分の周りのフォトグラファーなどはこのどちらかを使用している仲間が多いので、今デジタル一眼を購入しようとしている方にちょこっとアドバイスです。でもこれは私の主観がかなり入っているので100%鵜呑みにしないでくださいね。(笑)

ということで今日はニコンについて!

ニコンの一眼もビギナーから中級レベル、そしてハイエンドのプロ用カメラまでそつなく揃っています。

d60.jpgビギナー向けカメラですね。サイズもコンパクトですし、重さも495グラムという軽量ボディ!これくらいなら女性が扱っても問題ないと思います。もう出てから大分たつので値段も練れてきているのでまず、一眼デビューというかたにはいいと思います。









d80.jpgこれもビギナー向けカメラですね。コンパクトなボディーに多彩な機能を凝縮し、豊富な映像表現を可能にする画像処理システムを構築しました。その心臓部に小型で高性能な次世代型の画像処理エンジンを新たに開発し、搭載。ニコンがこれまで磨き続けてきたカメラ技術と先進のデジタル技術を融合し、高画質・高精細な画像品質を実現しました。D60のバージョンアップ版といったところでしょうか。これまた女性でも扱いやすいでしょう。







d90.jpgそしてこれは中級向けでしょうか。D300の高画質・高性能をコンパクトにした一品です。世界初の動画撮影機能「Dムービー」搭載されています。これもなんとか女性にも扱えると思います。高画質をよりロープライスで手に入れることができます。









d5000.jpgこれはビギナー向けですね。値段的にもかなりお手ごろですよ。動画撮影ができるのもD5000の大きな魅力の一つです。多彩な交換レンズを使ってデジタル一眼レフカメラならではの動画撮影ができます。一般的なビデオカメラに比べ撮像素子が大きいので、背景のボケを活かした撮影も可能で暗い場所でもきれいな動画が撮れます。って、これってハイビジョンビデオカメラじゃん!あたらしいもの好きなあなたにおすすめ!(笑)でもあくまでも写真を撮るとこに集中したいかたには邪魔かも・・・・。新製品!ゲットせよ!





d300b.jpg代表的な中級者向けカメラ。私自信も所有しています。これが出たときは衝撃的でしたがあっというまにポテンシャルでは後継機に追い抜かれてしまった感が・・・。しかし、自分で使っているからいうわけではありませんが、いいカメラですよ。私もこのカメラは仕事のメイン機となっています。でもすぐにD700が出たときの衝撃・・・・・。トラウマ。








d700c.jpg
中級カメラ。これもいいカメラです。仕事で何度か触りましたが、気に入っちゃいました。ほしいカメラのひとつです。このあたりになるとサイズもかなり大きいので女性にはきついかも知れません。しかし!女性でもいい絵が撮りたい!というあなた!筋トレしてください(笑)おすすめ!!!!








d3.jpgハイエンド機!いいです!もう大分たちますが、やっぱりいいものはいい!ニコンFXフォーマットのフラッグシップとして誕生した名機ですよ!ISO 6400の高感度、高密度51点AF、シーン認識システムなど、数々の革新的な高性能・高機能によって、プロの現場でもがんがん使われています!お金持ちの方にはおすすめ!でもお金を出すだけの価値はあります!







d3x.jpgそして!フラッグシップ。最高峰!いいです!さすがです!ほしいです!でも高いです!D3をさらに磨き上げて、持つ満足感が満たされるカメラだと思います。まじにほしい!!











以上が今ニコンからおすすめするカメラです。このご時世です。ほしいものを我慢していらっしゃる方も多いと思います。私自身もその一人です。ですから本当にほしい一品を出来るだけ安く、手に入れることが必要です!そんな方はコチラでプライスを検討し、買い物上手になってください。

テーマ:アートな写真 - ジャンル:写真

2009.06.05 | Comments(2) | Trackback(0) | カメラ

『 EOS 5D』 キャノンも黙っていません。これもいいカメラらしい・・・・。

5d_1_800x600.jpg

キャノンも負けてませんねー。11月下旬に満を持して、登場させるようです。『EOS 5D Mark II』!

自分の周りのクリエイター、フォトグラファーの間でも常に『ニコン』と『キャノン』の争いがあります。自分はニコン派なのですが、別にキャノンが悪いとは思いません。たまたま自分とニコンが相性が良かっただけだと思っています。

その証拠にこのカメラほしいですもん!

私や私の周りでの勝手な印象ですが、
『華やかさのキャノン』『ナチュラルなニコン』というすみわけになっています。キャノンは非常に華やかな色の表現力に長けており、ニコンは派手さはないがナチュラルな色を与えてくれるという印象でしょうか。まー、最後はユーザーの好みですが。実際私とサイトを立ち上げている相方はキャノンユーザーですが、まったくはややかさのない彩度の低い絵が好きな男もいますし。そうそう、もし良かったらそちらも覗いてみてください。

http://white-out.jpです。

話もどしましょう。まだ発売前なので実際にさわることはできませんが、主なスペックは発表されていますね。

■キャノンホームページでの情報
http://cweb.canon.jp/camera/eosd/5dmk2/index.html

*35mmフルサイズ・約2110万画素CMOSセンサー
*高精細・高速画像処理 次世代映像エンジン「DIGIC 4」
*常用ISO感度100?6400、拡張ISO25600
*最高約3.9コマ/秒の連写性能とUDMA対応
*視野率約98% 明るく見やすい高倍率新ファインダー
*高速・高精度9点+アシスト6点 AFセンサー搭載
*EOSシリーズ初フルHD動画撮影機能搭載
*3.0型約92万ドット・クリアビュー液晶
*さらに進化した先進のセンサーダスト対策
*快適AFライブビュー撮影機能搭載
*レンズ周辺光量補正機能
*オートライティングオプティマイザ機能
*防塵防滴機能の向上

約2110万画素の高解像度と高ISO感度を両立。
自社開発35mmフルサイズCMOSセンサー搭載。映像表現に、より精緻な解像感を。さらにクリアな美しさを。EOS 5D Mark IIは、35mmフルサイズ・約2110万画素の新開発CMOSセンサーを搭載(有効センサーサイズは約36×24mm)。さらなる高ISO感度、低ノイズの両立を実現しています。さらに、約2110万画素の大容量データを高速処理するために1ライン・4チャンネル読み出しを改良し、高速アンプを導入。信号読み出しは従来機比約2.2倍*に。また、出力アンプの消費電力削減などにより省電力化も達成しています。

先進の技術が高解像度・高感度・広ダイナミックレンジを実現。
高画素と高感度という2つのファクターを、かつてないレベルで両立するために、EOS 5D Mark IIの新開発CMOSセンサーは、限られたセンサーサイズの中で最も集光効率の高い配置を追求。センサー上に並ぶ画素ごとのマイクロレンズの隙間(マイクロレンズギャップ)を縮小することで開口率をアップ。さらに、オンチップマイクロレンズからフォトダイオードまでの距離を短縮することで集光率のさらなる向上を実現しました。取り込む光の量が増えたことで、約2110万画素の高画素と常用ISO感度100~6400の広ISO感度(拡張L:50、H1:12800、H2:25600)、広ダイナミックレンジを両立しています。

さらに高精細、さらに高速。映像表現の新領域を拓く、次世代映像エンジン「DIGIC 4」。
CMOSセンサーから送られてくる約2110万画素の大容量データ。それを高速で処理するのが次世代映像エンジン「DIGIC 4」です。これまで培ってきた高精細かつ自然な色再現力を強化し、さらなる高速化を実現しました。DIGIC 4を搭載することにより低ノイズ現像処理による常用ISO感度の2段向上、連続撮影可能枚数減少の制約解消、高感度撮影時のノイズ低減処理の進化、フルHD動画撮影機能、オートライティングオプティマイザ機能、フェイスキャッチテクノロジー搭載のライブビュー撮影機能など、これまでのデジタル一眼レフを超えた多彩な新機能を実現しています。

豊かで美しい階調表現を実現する、14bit信号処理。
CMOSセンサーから送られるアナログ出力信号をデジタル信号に変更する際の処理に、プロフェッショナル機と同じ14bit(16384階調)の信号処理を採用。14bitで記録されたRAW画像を現像後TIFF16bitで保存すると階調性をフルに活かした画像を得ることができます。また、撮影時にJPEG(各8bit)で記録される画像も14bitのRAWデータから生成されるため、階調性の優れた画像を残すことができます。

常用ISO感度は100~6400。拡張25600の超高感度撮影も可能。
EOS 5D Mark IIの常用ISO感度は100~6400。ギャップレスマイクロレンズの採用で集光率が向上した新CMOSセンサーやノイズ低減技術の進化により、低感度時のダイナミックレンジの広域化、高感度時のノイズ低減を実現。より多彩なシーンに対応できると同時に、高精細かつクリアな作品づくりを行うことができます。ISO感度は拡張L:50、H1:12800、H2:25600も可能。また、ISO感度の自動設定範囲は、全自動/クリエイティブ全自動/プログラムAE/シャッター優先AE/絞り優先AEではISO100~3200。マニュアル露出/バルブ/ストロボ撮影ではISO400固定*となります。

と、どの機能を見てもヨダレものですね。本当にすばらしいテクノロジーだと思います。一体デジタルカメラはどこに向かっているのでしょうか。


■マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/09/17/025/index.html

キヤノン、「EOS 5D Mark II」を発表 - 2110万画素、フルサイズ撮像素子キヤノンは、有効2110万画素の35mm判フルサイズCMOSセンサーを採用したデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark II」を11月下旬より発売すると発表した。オープンプライスだが、推定市場価格はボディのみが30万円前後、「EF24-105L IS U」とのレンズキットが40万円前後。

今回発売された「EOS 5D MarkII」は、2005年10月に発売された「EOS 5D」の後継機にあたり、約3年ぶりにモデルチェンジが行なわれたことになる。

EOS 5D Mark IIは、新開発の有効約2110万画素35mm判フルサイズ(36×24mm)CMOSセンサーを採用。オンチップマイクロレンズの間隔を狭めることで開口率を高めるとともに、フォトダイオードまでの距離を短縮し、集光率を向上させた。これらにより常用設定できるISO 感度をISO 100?6400とし、さらに感度拡張設定としてISO 50、ISO 12800、ISO 25600も使用できる。

画像処理エンジンは、先に発表された「EOS 50D」同様に新しい「DIGIC 4」を搭載。高速処理を可能にした。最高で約3.9コマ/秒(CIPA基準)、連続310コマ(JPEG、ラージ/ファイン)の連写を可能とした。また、EOSシリーズとして初めて、動画撮影機能を搭載し。ライブビュー映像を見ながら、フルHD(1920×1080ピクセル、30fps)、または標準画質(640×480ピクセル、30fps)の動画を音声とともに記録できる。

ファインダー視野率98%、倍率約0.71倍(視野角33.3°)、アイポイント21mmの高性能ファインダーを搭載。フォーカシングスクリーンには、新開発の「Eg」シリーズを採用した。光学ファインダー使用時のAFポイントは9点+アシスト6点。中央の測距点には、高精度の F2.8対応のセンサーを水平方向、F5.6対応のセンサーを水平・垂直方向に配置した。シャッターユニットには作動耐久約15万回、最高1/8000秒の新開発高速シャッターを採用した。

ライブビュー機能も搭載。オートフォーカスは光学ファインダー使用時とおなじ位相差AFのほか、撮像素子に写る像からピントを検出するコントラストAF、さらに人物の顔を判断する「顔優先ライブモード」の3種類が搭載される。液晶モニターはマルチコーティングを施した約92万ドット、3.0型のクリアビュー液晶とした。

そのほか、超音波振動を利用して、ローパスフィルターの表面に付着したゴミを振るい落とすセルフクリーニングセンサーユニットを使用。バッテリーは、EOS 5Dに使用された「BP-511A」に比べて、容量を約1.3倍(1,800mAh)に向上させたリチウムイオンバッテリー「LP-E6」を新たに採用した。ボディはマグネシウム合金製外装。ボディサイズは152(W)×113.5(H)×75(D)mm、重量は約810g(本体のみ)。



■デジカメ・オンライン
Canon EOS 5D Mark II ボディ +特典付き《11月下旬登場》 デジカメオンライン大特価:
268,200円( 税込 ) 9月27日現在
Canon EOS 5D Mark II ボディ +特典付き《11月下旬登場》
icon

Canon EOS 5D Mark II EF24-105L IS Uレンズキット +特典付き《11月下旬登場》
デジカメオンライン大特価:358,200円( 税込 )  9月27日現在
Canon EOS 5D Mark II EF24-105L IS Uレンズキット +特典付き《11月下旬登場》
icon

テーマ:デジカメ - ジャンル:写真

2008.09.27 | Comments(0) | Trackback(0) | カメラ

Nikon 『D700』 のプレビュー!きたれ!ハイエンド機!

d700.jpg

Nikon D700とうとうでちゃいましたね。もっとはやく言ってよ。ニコンさん!だったらもう少し待ったのに・・・・。でもいいんです。自分はD300でいい絵を撮っちゃいますから!

ということで今日は新発売のD700について

■まずは画質について*メーカー情報

D3の高画質の原点をそのまま継承するニコンFXフォーマットCMOSセンサー

写真表現にまったく新しい可能性を提供し、表現の手法までも変革したD3。D700は、D3の高画質の原点でもある自社開発の大型撮像素子、ニコンFXフォーマットCMOSセンサーを搭載しています。有効画素数12.1メガピクセルの高精細画像を提供するこの高画素センサーは、35mmフィルムの画面サイズに準じた広い撮像面積を持っており、1画素あたりの広い開口面積、ギャップレスマイクロレンズ、さらにはインナーレンズの採用により、非常に高いS/N比、広いダイナミックレンジを確保。低感度から高感度まで変わらない、驚くほど豊かな階調表現と高精細な描写、そして透明感の高い画像を実現します。またD3同様、高精細な画像信号を高速に読み出す12チャンネル読み出し、14ビットA/D変換も、なめらかな階調描写に大きく貢献しています。

■ニコンが放つ、待望のミドルクラスフルサイズ機*ASCII.jp情報
http://ascii.jp/elem/000/000/150/150591/

 35mmフルサイズの一眼レフ機というと、これまでキヤノンの「EOS 5D」が、プロからハイアマチュアに支持され、市場をほぼ独占する状態にあった。
 ニコンユーザーは、悔しい思いを強いられてきたし、決して少なくないユーザーがキヤノンに移行したと想像される。ニコンとしても、ここに大きな市場があるのは分かっていたはずだ。技術陣は昼夜の区別なく身を削るおもいで開発に邁進していたにちがいない。D700のスペックがそれを物語っている。

 D700の特徴は、何と言っても「D3と同じCMOSセンサー」と「それに付随する多くの機能」を惜しみなくD300クラスのボディーに実装したことに尽きる。D3から多くの機能を継承したにも関わらず、これだけの軽量小型化を実現しことは驚きである。

 さらに、かねてより要望の多かった「イメージセンサークリーニング」機能を採用。FXフォーマット機として初の試みで、D3にもない機能を装備した点は見逃せない。

フルサイズ機ながらボディーはD300並みに

D700を手にして、すぐに思い出したのがD300の感触だ。大きさやボタンの位置どれをとっても違和感なくすぐに手になじむ。

 ただし重さだけはD700が約995g。D300が約825gと、170gほど重い。FXフォーマット化にともないペンタプリズム、スクリーン、ミラー、シャッターなどが軒並み大型化したことに加え、イメージセンサークリーニング機能も搭載しているためだ。

 そう考えれば、高い耐久性を備えたマグネシウム合金製の堅牢ボディーを採用しながら、たった170gの重量増加でフルサイズセンサーとイメージセンサークリーニング機能まで搭載した、ニコンの技術力に目を向けるべきだろう。

 D700を背面から見ると、D3と同型の丸型ファインダーが搭載されたことに気付く。ファインダーから撮像素子に光が漏れるのを防ぐアイピースシャッターも備え、フラッグシップ機同等の仕様となっている。一方で、D40、D60で好評だった「Info」ボタンも搭載した。カメラの機能や画質に関わるいくつかの設定を瞬時に確認でき、ここから設定を変えることもできる便利なボタンだ。

■コンパクトなままフルサイズを使いたい*マイコミジャーナル情報
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/08/12/d700/index.html

「D700」の登場は少々予想外でもあった。ニコンから次にどんな一眼レフが登場するかは常にあちこちで噂されているが、だいたいは「D80」の時期モデル(予想呼称:D90)か、「D3」の高画素モデル(予想呼称:D3X)だろうと考えられていた。そこにD700が登場したのだから少々驚いた。それだけフルサイズ撮像素子を求める市場の声が強かったのだろう。

D700に搭載される撮像素子は、36.0×23.9mmのCMOSセンサー。ニコンで言うところの「FXフォーマット」である。有効画素数は1287万画素。センサーのサイズ、画素数ともにD3とまったく同じ。D3の高感度撮影もそのまま受け継がれ、常用感度はISO 200~6400、増感モード(Hi 2)ではISO 25600相当、減感(Lo 1)ではISO 100相当という、非常に広い撮像感度を備えている。

連続撮影はD3が最高秒9コマなのに対し、D700は秒5コマと差が付けられている。しかしマルチパワーバッテリーパック、いわゆる縦グリップの「MB-D10」を装着すると、最高で秒8コマまで高速化できる仕組みだ。これは悩みどころだ。せっかくコンパクトなボディ(といっても軽くはないが……)にフルサイズ撮像素子を得たのだから、縦グリップでわざわざ大きくせず、コンパクトなまま使ったほうがいいという考え方もありだと思う。ちなみにD3の重量は約1240g、D700は約995g。縦グリップ「MB-D10」の重さは公表されていないが、だいたい250g程度らしい。するとD700+MB-D10でほぼD3の重さと等しくなる(重さはすべてバッテリー別)。

D3との機能面の違いで特筆すべきは撮像面についたゴミをふるい落とす「イメージセンサークリーニング機能」を装備したことだ。同機構は撮像素子の小さな(DXフォーマット)のD300には搭載されたが、D3では見送られた。つまり、ニコンのフルサイズとしてはD700が初搭載となる。

実際に使っている知り合いのフォトグラファーの評判も上場です。ハイエンドクラスを制することができるかニコン!!しかしどんどん進化していきますね。デジタルカメラ。恐ろしい・・・・・。



■デジカメ・オンライン
○D700 ボディ+液晶保護フィルム+高速CFカード2GB付き  257,800円( 税込 )  (9月26日現在)

Nikon D700 ボディ+液晶保護フィルム+高速CFカード2GB付き
icon

■グッドカンパニー
○D700 価格 278,000円 (税込) 送料別  (9月26日現在)



■DIGITAL SHOP J-pre
○D700 レンズキット 312,000円 (税込 327,600 円) 送料別  (9月26日現在)



■ミヤガワ インターネットショップ
○D700 レンズキット 特価 367,000円 (税込) 送料込  (9月26日現在)




テーマ:デジカメ - ジャンル:写真

2008.09.26 | Comments(0) | Trackback(0) | カメラ

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

おしゃれな写真屋さん

Author:おしゃれな写真屋さん
写真屋にようこそ。アートディレクターなどという胡散臭い仕事をしている管理人が勝手きままに写真やアートのこと書いていきます。よろしくです。

楽しい雑貨たち

クリエイターにおすすめ!

クリエイターにおすすめモニター!

MyStyleワイド EIZO 液晶 モニター カスタマイズ

クリエイターにおすすめソフト

おすすめ一眼!

TOPICS

最新トラックバック

写真ブログランキング!

FC2ブックマーク

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

オススメ Part 2

おすすめ Part 3

Sony Music Shop

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


SEO対策:デジタル SEO対策:カメラ SEO対策:人物 SEO対策:風景 SEO対策:デザイン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。